久保隼、アウェー奪取へ自信…試合地・中国へ出発

試合地の中国へ出発した久保隼
試合地の中国へ出発した久保隼

◇プロボクシングダブル世界タイトル戦▽WBA世界フェザー級(57・1キロ以下)徐燦―久保隼、同ライトフライ級(48・9キロ以下)カルロス・カニサレス―木村翔(いずれも12回戦。26日、中国・撫州)

 世界2階級制覇を狙う元WBA世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)王者の久保隼(29)=真正=が22日、関西空港から試合地の中国・撫州へ出発した。プロ初の海外戦が敵地となる久保は「スパーリングは80ラウンドぐらい。充実した調整ができた。あとは試合中、どれを出すか。期待していて下さい」とアウェー奪取へ気合。減量も順調で、日本から米やようかんを持参して調整する。王者の徐燦(25)=中国=は熊朝忠、鄒市明に次ぐ中国3人目の世界王者で今回が初防衛戦。

 通算成績は徐が16勝(2KO)2敗、久保が13勝(9KO)1敗。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請