【日本ハム】吉田輝星、上原級の直球「目指す」胃腸炎からキャッチボール再開

日本ハム・吉田輝星
日本ハム・吉田輝星

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が21日、現役引退を表明した巨人・上原級の直球を理想型に掲げた。日米で活躍した大先輩とは、直球が打者に球速以上の伸びやキレを感じさせる点で共通部分があるだけに「(上原さんの直球は)自分が目指している直球と遠くないと思う。そういう直球を目指していきたい」と意気込んだ。

 ウイルス性胃腸炎のため、17日の2軍戦の先発を回避して以降、別メニュー調整していたが、この日から千葉・鎌ケ谷の2軍施設でキャッチボールを再開。体重は1キロ減ったが「(体調は)大丈夫。食欲も戻ってきた」と明るい表情。次回登板は未定だが近日中にブルペンでの投球も再開できる見通しで、早期復帰へ「しっかり感覚を取り戻していきたい」と表情を引き締めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請