【日本ハム】ウイルス性胃腸炎でダウンの吉田輝星が練習復帰 先輩のイジりに「治ったばっかりです…」と苦笑いも

ウイルス性の胃腸炎から復帰した吉田輝はキャッチボールなどの軽め練習を行った
ウイルス性の胃腸炎から復帰した吉田輝はキャッチボールなどの軽め練習を行った

 ウイルス性の胃腸炎でダウンしていた日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が21日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で練習を再開した。17日の2軍戦登板を体調不良のため回避し、18日にウイルス性の胃腸炎であることが判明。寮内で静養に努めてきたが、この日から2軍練習に合流してキャッチボールなど軽めの練習を行った。

 症状については「自分はそうでもなかったですね。『お腹が痛いな』くらいで」と振り返り、体重の減少も1キロ程度と大きな影響はなく「だいぶ食欲も戻ってきました」と順調な回復を示した。囲み取材中には、先輩の白村から「体調壊すなよぉ~?」とイジりを受け、「治ったばっかりです…」と苦笑いする一幕もあった。

 ダウンした17日以来のキャッチボールとなったが、「思ったよりもすごく良いボールが行っていたので逆にビックリしています。これからしっかりと感覚を取り戻していきたい」。次回登板は未定だが、近日中にはブルペン投球なども再開させて実戦へと準備を進めていく予定だ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請