【苅部俊二の目】リレー侍、38秒00は評価していいタイム 世界歴代3番目の記録が使命

笑顔でポーズをとる(左から)桐生、小池、山県、多田
笑顔でポーズをとる(左から)桐生、小池、山県、多田

◆陸上セイコーゴールデングランプリ ▽男子400Mリレー(19日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子400メートルリレーで、多田修平(22)=住友電工=、山県亮太(26)=セイコー=、小池祐貴(24)=住友電工=、桐生祥秀(23)=日本生命=の順に走った日本が、38秒00で優勝。12日の世界リレーを38秒05で制したブラジルを上回る今季世界最高記録で、20年東京五輪切符へ大きく前進した。

  *  *  *

 400メートルリレーは、ミス無くバトンが渡れば問題ないことが実証された。世界リレーはもちろん結果も大事だが、ミスがいい薬になったならば良かったのではないかと思う。安全にバトンを渡して、強風もあった条件で38秒00はある程度評価していいタイム。37秒台はいつでも出せる状況にある。スタートするタイミングを測る足長(そくちょう)も、半歩のレベルで細かくコントロールできるのが日本のパスワークの強みだと改めて感じた。

 世界大会も、予選はこの走りで問題ない。決勝で金メダルを狙う時、どういうレースをするかが今後大切になる。銀メダルを取ったリオ五輪に比べ、個々の走力は確実に上がっている。リオで出した37秒60は、彼らにとって、もう超えなければならない記録。英国の37秒47を抜いて、ジャマイカ(36秒84)、米国(37秒38)に次ぐ世界歴代3番目の記録を出すのが今後の使命だ。(法大監督、日本陸連強化・情報戦略部リレー戦略担当)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請