“消化試合”なのにチャーター機で来日へ…ACLで鹿島と対戦の山東 鹿島は△以上で突破

「SPIRIT OF ZICO」の横断幕を背に、ACL山東戦に向けて調整する鹿島の選手たち
「SPIRIT OF ZICO」の横断幕を背に、ACL山東戦に向けて調整する鹿島の選手たち

 22日にACL1次リーグ最終節(カシマ)で鹿島と対戦する山東(中国)が、金にモノを言わせた異例の“チャーター機来日”で鹿島戦に臨むことが19日、分かった。山東のクラブ関係者が明かした。既に首位突破を決めている山東にとっては事実上の“消化試合”だが、負ければ敗退濃厚のアジア王者を万全のコンディションで潰しにかかる。

 山東の本拠地・済南市には日本との直行便が就航する空港がない。鹿島が第2節で済南市に乗り込んだ際には、約350キロ離れた空港から4時間のバス移動で現地入りを余儀なくされた。

 だがエネルギー事業などで名をはせる複合企業「魯能集団」をバックに持ち、元ベルギー代表MFフェライニ、元イタリア代表FWペッレらを擁する金満クラブは、日本では3000~4000万円が相場と言われるチャーター機を本拠地近くの空港から手配。20日にも来日するとみられる。

 鹿島は引き分け以上で突破が確定。敗れた場合は慶南―ジョホールが引き分けた場合のみ突破となり、勝敗がついた場合は敗退となる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請