【巨人】逆転負けで連勝ストップ…7連勝の2位・広島とゲーム差なしに

ベンチで厳しい表情の原辰徳監督(手前右)
ベンチで厳しい表情の原辰徳監督(手前右)

◆中日5―4巨人(19日・ナゴヤドーム)

 巨人は中日に敗れ連勝が2でストップした。初回に2点先制したが、5回に逆転された。この日2位・広島が快勝したため、巨人は勝率で上回り首位を守ったものの、7連勝と調子を上げてきたV3王者にゲーム差なしに迫られた。

 巨人は初回、1番・山本と2番・坂本勇が2人で、試合開始2分で先制点をもぎ取った。先発・清水の直球を捉え、左中間を破る二塁打を放つと続く坂本勇が初球の直球を捉え、中前適時打。なおも2死三塁で、5番・亀井がカーブを捉え、左翼線へ適時二塁打で2点目を奪った。

 しかし、巨人先発の山口は初回、先頭の溝脇に右翼フェンス直撃の三塁打を浴び、福田のゴロの間に1点を許した。さらに5回1死満塁でビシエドに逆転の中前2点打を許し、6回1死二塁では、代打・堂上に中前適時打を浴びた。

 巨人はその後、7回2死一、三塁で岡本が左前適時打を放って1点を返した。

 8回に1点を追加され2点差に突き放されたが、9回先頭の代打・大城が右線へ1号ソロで再び1点差に迫った。最後は1死一、三塁で打者・岡本の好機を作ったが、二ゴロ併殺に倒れ、あと1点及ばなかった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請