【広島】今季3度目の同一カード3連勝の虎退治 7連勝で貯金6

4回2死三塁、追加点となる左前適時打を放つバティスタ
4回2死三塁、追加点となる左前適時打を放つバティスタ

◆阪神1―5広島(19日・甲子園)

 広島打線が阪神・秋山に痛烈な先制パンチを浴びせ、横綱相撲で今季3度目の同一カード3連勝を飾った。

 初回1死から菊池涼、バティスタが連続安打を放つと、1死一、二塁から4番・鈴木が右中間を破る2点二塁打。「初回にチームにとっていい先取点になりました」と満足げに振り返った。

 2回には2死三塁から菊池涼が投手強襲のタイムリーをマークすると、4回2死一塁でも右翼線への適時三塁打を放った。今季初の4安打で、この3連戦で計5打点の2番打者は「うまく対応することができた」と手応えを口にした。

 投手陣も先発のアドゥワが7回無失点と抜群の安定感を見せ、破竹の7連勝。貯金を最多の6に伸ばした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請