公式戦初先発の龍谷大平安・田島が2安打5打点の活躍 誕生日の原田監督に白星を贈る

公式戦初先発で2安打5打点と活躍した龍谷大平安・田島
公式戦初先発で2安打5打点と活躍した龍谷大平安・田島

 ◆春季京都府大会 ▽3位決定戦 龍谷大平安10―1鳥羽=7回コールド=(19日・わかさスタジアム京都)

 センバツ8強の龍谷大平安が鳥羽に7回コールド勝ちした。「5番・三塁」で公式戦初先発した田島輝久(2年)が、4回1死満塁で右前に2点適時打、5回2死満塁で右翼に走者一掃の三塁打を放ち、2安打5打点と活躍した。

 14安打10得点で、この日59歳を迎えた原田英彦監督に白星をプレゼントした。「絶対に打ってアピールしようと思っていた。監督さんの誕生日に打ててよかった」と、田島は顔をほころばせた。

 本職は、昨夏の甲子園に出場した兄・光祐(現中部学院大)と同じ捕手で、これまでは代打で起用されることが多かった。指揮官は「田島はよう打ったと思う。守備も〇ですよね。数か月ぶりに三塁を守った割には、よう守った」と、ねぎらった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請