松本人志、高田純次の「当て逃げ」報道に「すべてにおいて、ちょっと下手っぴぃでしたね」

高田純次
高田純次

 19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で週刊文春」が報じたタレントの高田純次(72)が東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたニュースを報じた。

 文春の報道によると、事故が起きたのは4月14日。高田が運転するポルシェが首都高速道路上で被害者のAさんが運転する乗用車の左後部に衝突したが、高田のポルシェは、そのまま追い越して逃げたという。

 首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、当たっていないとしていたが、そのうち「今20万持ってます」と、持ちかけたという。事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

 「ダウンタウン」の松本人志は今回の報道について「すべてにおいて、ちょっと下手っぴぃでしたね」と指摘した。その上で「この下手っぴぃは、なかなか難しいなぁ。キャラクター的にはどっかかわいげとも取れなくはないんですけど、色々考えるとそこは、ビシっとちゃんとやってるからこそ、いい加減さが生きてくるかなぁと思いましたね」とコメントしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請