井上尚弥、ロドリゲスを2回TKO圧勝! 記録ずくめの勝利…WBSS準決勝

ロドリゲスに2回TKOで圧勝した井上尚弥(ロイター)
ロドリゲスに2回TKOで圧勝した井上尚弥(ロイター)

 ◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 ○WBA王者・井上尚弥(2回TKO)IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス●(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

 WBSS準決勝を兼ねたIBF世界バンタム級タイトルマッチで、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=を2回TKOで下し、IBF王座獲得に成功し、WBSS決勝進出も果たした。井上の戦績は18戦全勝(16KO)、2度目の防衛に失敗し、初黒星を喫したロドリゲスは19勝(12KO)1敗となった。

 井上尚は勝利で以下の日本記録を更新した。

 ▽日本人選手の欧州開催世界戦初勝利 過去18連敗で、井上尚が19戦目で初白星。

 ▽世界戦連続KO勝利=8試合 2位は元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の6試合。

 ▽世界戦通算KO勝利=12試合 2位は元WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志の10試合。3位は具志堅と元WBC世界バンタム級王者・山中慎介の9試合。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請