井上尚弥、ロドリゲス粉砕! 2回TKOで王者対決制し、ドネアとの決勝へ…WBSS準決勝◆

◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 ○WBA王者・井上尚弥(2回TKO)IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス●(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

 WBSS準決勝を兼ねたIBF世界バンタム級タイトルマッチで、挑戦者として臨んだWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=を2回1分19秒TKOで下し、IBF王座の奪取に成功し、WBSS決勝進出も果たした。年内に予定される決勝では、WBAスーパー王者でアジア人2人目の世界5階級制覇を達成したノニト・ドネア(36)=フィリピン=と対戦する。井上の戦績は18戦全勝(16KO)、2度目の防衛に失敗し、初黒星を喫したロドリゲスは19勝(12KO)1敗となった。

 モンスターが英国でも大暴れした。2回、井上尚は右ボディーから相打ち気味の左フックを浴びせ、先制ダウンを取った。立ち上がったロドリゲスにすぐに襲いかかり、左から右へとボディーを連打し、再びダウンを奪取した。

 あきらめなかったロドリゲスに、井上尚はまたも距離を詰め、ラッシュをかけて、最後は右ボディーで3度目のダウンを取った。相手はどうにか立ち上がったが、レフェリーが試合をストップ。王者対決で圧勝した。

 18戦目で主要4団体を制覇した井上尚は腰にIBFベルトを巻かれ、ロドリゲスと抱き合い、健闘をたたえあった。リング上のインタビューで「常に平常心で戦おうとイギリスに乗り込んできた。その通り、いいパフォーマンスを出せてホッとしています」と表情を崩した。一方で「ロドリゲスも初回、プレッシャーをすごくかけてきた。1回終わってどうなるのか自分でも予測出来ない状態だった」と振り返った。決して圧勝ムードではなかった。

 初回、互いにカウンターを出し合うハイペースな展開。あまりの速い攻防に、井上尚のパンチが2度、空を切り、相手の圧力にジリジリと後退する場面が目立った。それでも2回早々にワンツーからの右ストレートを浴びせ、相手の顔を上げると流れが変わり、3度のダウンを奪う猛攻へとつながった。

 試合開始前から井上尚に歓声、ロドリゲスはブーイングを浴びる好対照な両者。井上尚は「すごくホーム感を感じて後押しをしてくれた会場。グラスゴーは思い出深い一日になりました」と観客に感謝すると、またも多くの拍手と大歓声を浴びた。

 試合後のリングに決勝で対戦するドネアが上がってきた。「ノニトはキャリアがあって、強い選手。どう戦うかはこれから練っていく。すごく憧れていた選手なので光栄です」とコメントし、最後は笑顔でフェイスオフした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請