【日本ハム】2軍でウイルス性「胃腸炎」猛威…吉田輝星も罹患で6月甲子園登板は絶望的

日本ハム・吉田輝星
日本ハム・吉田輝星

 体調不良のため17日の2軍戦登板を回避した日本ハム・吉田輝星投手(18)がウイルス性の胃腸炎だったことが18日、明らかになった。高橋トレーナーによると、この日、鎌ケ谷市内の病院でウイルス性の「胃腸炎」と診断。似た症状を訴えていた2軍選手複数人も胃腸炎だったという。

 この日から食事を再開し症状は回復傾向だが、同トレーナーは「まだ倦怠(けんたい)感があるので、それが抜けてから徐々に動き始める」と練習再開の時期は未定と説明。6月7日からの阪神3連戦での甲子園凱旋登板プランは絶望的となった。栗山監督は、遠征先の熊本で「すごく残念。もう1回考えます」と右腕の容体を心配した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請