【楽天】無名高出身、故障、育成降格…不屈の精神でプロ6年目初勝利をあげた“最後の星野チルドレン”今野

13年12月の新入団会見で、星野監督(中央)と写真に納まる9位指名の今野(後列右端)
13年12月の新入団会見で、星野監督(中央)と写真に納まる9位指名の今野(後列右端)

◆ロッテ4―6楽天(18日・ZOZOマリン)

 4点ビハインドの6回から登板した2番手・今野は、2回を無安打無失点と好投。打線が8回に逆転に成功し、プロ6年目で初勝利だ。

 最後の星野チルドレンだ。県立の無名高出身。プロでは故障で育成降格も経験した。不屈の闘志でウィニングボールを手にした今野は、自らに言い聞かせるように言った。「諦めないでやったら、本当に最後にいいことが待ってるんですね」

 岩出山小、中、高出身。高校時代は野球部員が11人だけで、2年秋は部員不足で出場辞退という憂き目にも遭った。3年春までは一般企業への就職を考えていたが、諦めずに頑張った結果、3年夏にノーヒットノーランを達成するなど活躍。プロへの道が開けた。

 現在、野球離れなどで部員不足に陥ってる高校は多い。自身と同じような境遇で頑張っている球児に「自分も諦めずにやったらプロに入れた。最後にいいことが待ってると思うので、諦めないでやってほしいです」とエールを送った。(泰)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請