【鹿島】ブラジル人トリオ大暴れで5発大勝“ブラジル・ルート”貫く鹿島の哲学を「読み解く」

鹿島の先発布陣
鹿島の先発布陣

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第12節 鹿島5―0松本(18日・カシマスタジアム)

 鹿島はMFレオシルバ(33)らブラジル人トリオが大暴れし、松本に5―0で圧勝した。外国人助っ人の多国籍化が進む他クラブと一線を画し、“ブラジル・ルート”を貫く鹿島の哲学を、岡島智哉記者が「読み解く」。

*  *  *

 サンバのリズムで体を揺らし、喜びを爆発させた。2―0の後半9分、セルジーニョがペナルティーエリア外から左足を一振り。GKの頭上を越えたボールがネットを揺らした。試合を決定付ける3点目。「日々の練習で全力を尽くしているからね」。レオシルバは1得点1アシスト。レアンドロも全5得点の起点になった。ブラジル人トリオが大車輪の活躍を見せ、3連勝に貢献した。

■ネット時代到来でスカウト網発展

 ブラジル人が中心だったJの助っ人事情は、時代とともに変化している。神戸にイニエスタら世界レベルの欧州選手が続々加入。さらにネット時代の到来でスカウト網が発展し、現在はオランダ領キュラソーやマケドニア、ルクセンブルクなど耳慣れない地域出身の選手も増えてきた。

■59人中54人がブラジル人

 だが、鹿島は「ブラジル・ルート」を貫く。これまでクラブに在籍した外国人は59人。そのうち、5人の韓国人を除いた54人がブラジル人だ。現在も、負傷中のブエノを含めて4人のブラジル人と2人の韓国人で外国人枠をやりくりしている。補強の選択肢を減らす愚策とも捉えられかねないが、強化部は「鹿島にはブラジル人が活躍できる土壌があるから」とその理由を明かす。

■万全のサポート体制

 「ジーコ・スピリット」と呼ばれる原点を持つ鹿島は、通訳のほか、生活面を補助するスタッフやブラジル人医療スタッフを配置。練習を取材していると、歴代のブラジル人助っ人と汗を流してきた大岩剛監督(46)ら、クラブOBで固めた首脳陣のポルトガル語がよく聞こえてくる。

■ジーコ氏のまなざし

 また、レアンドロはクラブ独自ルートで強化部自らブラジル入りして発掘。セルジーニョはジーコ氏の推薦だ。新潟から加入したレオシルバも、子供とのカルタで覚えた日本語でピッチ内では2人の通訳をこなす。ジーコ氏は彼らに対して「日本人選手とポジション争いをしているようではダメだ」と厳しいまなざしを向ける。

■「暑い夏は大歓迎」

 「ブラジル人として、チームを手助けしないといけない立場だと2人には伝えている。我々だけが良くてもダメ。しっかりチームに融合すること」と最年長のレオシルバ。そういえば昨年夏、レオシルバは「暑い夏は私たちにとって大歓迎」と笑っていた。気温の上昇とともに、鹿島を愛するブラジリアンの牙は一層鋭くなっていくはずだ。(岡島 智哉)

試合詳細

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請