青森山田、八戸学院光星を撃破…平野が120メートル弾

6回に左中間へソロ弾を放ち、笑顔でダイヤモンドを回る青森山田・平野時矢
6回に左中間へソロ弾を放ち、笑顔でダイヤモンドを回る青森山田・平野時矢

◆春季青森県大会 ▽2回戦 青森山田7-5八戸学院光星(18日、八戸市東)

 青森山田が、今春のセンバツに出場した八戸学院光星を7―5で撃破。2年生4番の平野時矢一塁手が、6回のソロ弾など4打数2安打2打点の活躍。3季連続でコールド負けしていた宿敵を打ち崩した。

 鋭くたたいた打球は、両翼93メートル中堅120メートルの球場の左中間最深部へ飛び込んだ。3―1の6回無死からのソロ弾に、青森山田・平野は「とにかく塁に出よう、しっかりミートしようと思っていた」と笑顔だ。4―3の7回2死満塁では押し出し四球を選び、次打者の2点適時打につなげるなど4打数2安打2打点。八戸学院光星・後藤丈海投手(3年)から11安打した打線を引っ張った。

 昨年7月までチームを指揮していた兜森崇朗監督(39)が4月に復帰。「個人で考えてやる課題練習が増えた」(平野)と練習内容が変わった。身長170センチ、体重100キロの恵まれた体格を生かした打撃が武器の平野だが、「一度外野に回されたこともあった」と明かすほど守備が苦手。試合に出るため素振りと同じくらいの数のノックを受け、守備を磨くと今春の青森地区予選から一塁の定位置をつかんだ。

 「見事に期待に応えてくれた」と指揮官も高評価した。昨年の春、夏、秋と県大会3季連続でコールド負けした相手に勝ち、「いい弾みがついた」と話した平野だが、すぐに「まだ初戦。1試合1試合集中して戦う」と決意。“ライバル”撃破の勢いに乗り、まずは2年ぶりの春の県王者を狙う。(有)

 ◆平野 時矢(ひらの・ときや)2002年6月24日、兵庫・神戸市生まれ。16歳。小1で野球を始め、玉津中では神戸中央シニアに所属。青森山田では1年秋にベンチ入り、今春から一塁手レギュラー。170センチ、100キロ。右投右打。家族は両親と兄2人、姉。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請