【金沢】U22選出FW小松蓮「五輪のため点取りたい」

FK練習で汗を流す金沢FW小松
FK練習で汗を流す金沢FW小松

 J2ツエーゲン金沢のFW小松蓮(20)が18日、背水の陣の覚悟で東京五輪代表への生き残りをかけることを誓った。東京五輪世代のU―22日本代表で臨むトゥーロン国際大会(6月1日~15日・フランス)メンバーに招集された小松はこの日、金沢市内でホーム・長崎戦(19日・石川西部)に向け最終調整を行った。

 昨年1月以来の世代別代表復帰となった小松は「久々だったので素直にうれしい」と笑顔。ただ今回のU―22代表にはJ1・F東京のMF久保建英(17)ら五輪世代の主力選手が選出外となっている。それは小松も理解しており「上(のレベル)に行っている同世代もいる。五輪まで時間が無いし、崖っぷちの覚悟。点は絶対に取りたい」と気持ちを高める。まずは長崎戦で結果を残す。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請