釜石、大船渡に延長10回サヨナラ勝ち! 黒沢が同点落球をサヨナラ打で帳消し

サヨナラ負けし釜石の校歌を聞く大船渡・佐々木朗希(後方左から三人目)(カメラ・中島 傑)
サヨナラ負けし釜石の校歌を聞く大船渡・佐々木朗希(後方左から三人目)(カメラ・中島 傑)

 ◆春季岩手県大会 ▽1回戦 釜石5x―4大船渡=延長10回=(18日・野田村ライジング・サン・スタジアム)

 釜石は延長10回、無死満塁から「3番・三塁」の黒沢陸斗(3年)が三遊間を破るサヨナラ打。“令和の怪物”佐々木朗希投手(3年)を擁し注目を集める大船渡を下し、2回戦に駒を進めた。

 釜石は初回、大船渡の先発・和田吟太(3年)を攻め、先頭から一気の6連打。7番打者の併殺打までのわずか10球で、一挙4点を奪った。しかし1点差に迫られた8回、2死三塁から平凡な三飛を黒沢が落球。同点とされ嫌な流れで延長に入ったが、ミスを犯した黒沢がバットで取り返した。

 サヨナラ打にガッツポーズを見せた黒沢は「人生初のサヨナラタイムリー。すごくうれしかったです。自分のミスで同点にされて、強いゴロを打とうという気持ちでした」と笑顔。前日には130キロのマシンを約11メートルの距離で打ち、佐々木対策も練っていた。怪物の登板はなかったが「どこかで投げてくると思って準備していた。(マシンの体感?)160キロぐらい。(サヨナラ打は)それよりは遅いと思って、しっかり引きつけて打ちました」と胸を張っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請