山本舞香、上京ドキュメンタリーに「結婚したくなりました」

VTRを見る(左から)中山秀征、山本舞香、陣内智則
VTRを見る(左から)中山秀征、山本舞香、陣内智則

 人気上昇中の女優・山本舞香(21)がこのほど、26日放送のフジテレビ系ドキュメンタリー「〇〇発東京行き2019春」(午後4時5分)の収録に参加した。

 同番組は、全国各地のターミナルから状況する人にスタッフが密着。その先で起こる人間ドラマを見届けるドキュメントバラエティー第3弾だ。MCを陣内智則(45)が務め、ほかに秋野暢子(62)、中山秀征(51)平成ノブシコブシ・吉村崇(38)が出演する。

 今回は計850人を取材。進学のために北海道・稚内空港から上京した19歳の女性が、人の多い東京で戸惑う姿に、仕事のために13歳から東京に通っていたという鳥取出身の山本は「電車に乗ったとき『どこから人間がわいてきているんだろう』と思いました」と共感する。

 東京・父島のフェリー乗り場では、6日に1便しかないフェリーで都心へ向かう人たちのために行われるお見送りの様子を紹介する。高校を卒業したばかりの女性は、船上からの景色に号泣。そこには、出発直前まで強がっていた父と、青春時代をともに過ごした同級生たちの意外な姿があった。出演者全員の涙腺がゆるむ中、年齢の近い山本も「泣いた」とポツリ。

 今でも家族と仲がよく、毎日グループラインでやりとりしているという山本は、活動拠点を東京に移した時の話題になると、「空港で家族とバイバイしたとき、すごく悲しくて。飛行機の中でも泣いたし、東京の寮でもすごく泣いた」と、家族と離れる時のエピソードを語り、思いがあふれた様子だった。

 さまざまな家族の絆を見守る収録を終え、「家族を大切にしたい気持ちが生まれました。私もお父さんと仲が良いですが、たまにケンカすることもあって。この間は突発的にきついことを言ってしまって・・・。もっと大切にしないといけないなって思いました。今回のVTRを見ていたら、私も結婚したくなりました」と振り返った。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×