女子やり投げ日本記録保持者・北口「そこに近い記録で優勝したい」 19日開催セイコーGPへ髪ばっさり

会見に出席した(左から)橋岡優輝、戸辺直人、北口榛花、新井涼平
会見に出席した(左から)橋岡優輝、戸辺直人、北口榛花、新井涼平

  陸上のセイコーゴールデングランプリ大阪(19日、ヤンマー)の有力選手が18日、試合会場で会見した。フィールド競技出場選手では7日に女子やり投げで64メートル36の日本新記録を樹立した北口榛花(21)=日大=らが出席。「日本新記録からまだあまり日が経っていないが、それに近い記録で優勝したい」と意気込んだ。

 冬季練習ではこれまでの下半身強化から一転、下半身を動かすトレーニングを中心に取り組んだ。「助走がうまく走れるようになったことが好調の要因」と手応え。「練習していたら熱かったので」と髪もばっさり。気合を入れて勝負に挑む。

橋岡優輝(アジア選手権男子走り幅跳びで日本記録にあと3センチまで迫る8メートル22をマーク)「助走と踏切で修正加えた。6本全部日本新で飛ぶつもりで準備した。日本新で優勝したい」

 戸辺直人(男子走り高跳び日本記録保持者)「今季も日本記録を更新できるよう、きっかけ作りになる大会にしたい」

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請