京都国際が龍谷大平安との激闘を制して決勝進出 プロ志望の上野が決勝の2点三塁打

延長11回、京都国際の上野は決勝の2点三塁打を放ちガッツポーズ
延長11回、京都国際の上野は決勝の2点三塁打を放ちガッツポーズ

◆春季京都府大会 ▽準決勝 8―7=延長11回=(18日・わかさスタジアム京都)

 京都国際が龍谷大平安に延長11回の末に競り勝ち、決勝に進出した。

 4点差を追い付かれ、延長10回に早(はや)真之介右翼手(2年)のこの試合5安打目となる中前適時打で勝ち越したが、その裏に再び同点にされた。6―6の延長11回2死二、三塁で、主将の上野響平遊撃手(3年)が決勝の2点三塁打を放ち、激闘に終止符を打った。

 プロ志望の上野は3安打3打点の活躍。「決めてやろうと思った。平安に勝てないと夏は甲子園に出られない。接戦で勝ち切れたので、いい経験になった」と、興奮気味に振り返った。早は5打数5安打2打点3得点と大暴れ。「明日も4番の仕事をしたい」と、決勝に向けて意気込んだ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請