長澤まさみ&東出昌大&小日向文世が小手伸也にドッキリ「慣れてないのでどういうリアクションをとっていいのか…」

「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 郷ひろみが実家にGO!長澤まさみも参戦SP」の(左から)小手、東出、長澤、小日(C)フジテレビ
「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 郷ひろみが実家にGO!長澤まさみも参戦SP」の(左から)小手、東出、長澤、小日(C)フジテレビ
ドッキリを仕掛けられる小手(C)フジテレビ
ドッキリを仕掛けられる小手(C)フジテレビ

 18日放送のフジ系「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 郷ひろみが実家にGO!長澤まさみも参戦SP」(土曜・後7時)では、女優・長澤まさみ(31)らがドッキリを仕掛けていく。

 東野幸治(51)と小池栄子(38)がMCを務め、恵俊彰(54)が“ドッキリクリエイター”としてレギュラー出演するバラエティー番組。2時間SPとなる今回は、スタジオゲストとして長澤、ココリコの遠藤章造(47)、トレンディエンジェルの斎藤司(40)が出演する。

 今回のドッキリには、映画「コンフィデンスマンJP」(田中亮監督)の主人公トリオである長澤、俳優・東出昌大(31)、俳優・小日向文世(65)が参戦。同作品で共演している俳優・小手伸也(45)をターゲットに、映画さながらのだまし合いを繰り広げていく。

 初めてドッキリを仕掛けられたという小手。そんな小手に対し東出は「役柄はドギツイけど、普段はものすごく腰が低い、普段の小手さんが見られるってことですよね」「僕、ドッキリをリアルタイムで見るという経験は初だから、すごくうれしいです」とノリノリの様子。

 同作品の取材と聞かされ、リハーサル室に入った小手を待ち受けていたのは、ニセのインタビューセットと杉原千尋(23)アナ。まったく疑う様子も見せず、小手はスタッフの指示に従いポリバケツで作ったイスに着席。すると、お尻がスポッとはまってしまう。「おおお!」と驚き、戸惑う小手を横目に、無言で立ち去るニセスタッフたち。小手は部屋に一人取り残されてしまう。「僕こういうの慣れてないんですよ!どういうリアクションをとっていいのか(笑)」と言いながら脱出を試みる小手に、別室のモニターで見ている長澤たちは大盛り上がりを見せる。

 そんな小手の元へ駆けつけ、いよいよ3人はネタばらしをする。本来であればここで終了。しかし、最後に同作品の世界観ながらの、大どんでん返しが展開される。

 さらにドラマ「牡丹と薔薇」(2004年放送)の演技を彷彿とさせる小沢真珠(42)と佐藤仁美(39)による「女優ケンカドッキリ 頼りなさそうな男はその時どうする?」や、「秒でドッキリ」シリーズが放送されるなど、盛り沢山な内容となっている。

「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 郷ひろみが実家にGO!長澤まさみも参戦SP」の(左から)小手、東出、長澤、小日(C)フジテレビ
ドッキリを仕掛けられる小手(C)フジテレビ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請