高校横綱・北の若がまさかの初黒星

北の若
北の若

◆大相撲夏場所7日目(18日、東京・両国国技館)

 高校時代(埼玉栄)時代に高校横綱を含め個人タイトル5冠の東序ノ口16枚目・北の若(18)=八角=が、東農大を中退して角界に飛び込んだ東20枚目・伊藤(錣山)の土俵際の下手投げに屈し、初黒星を喫した。

 立ち合いは左四つに組み止め、引き付けながら前に出ていった。「腰が高かったですね。相手の腰の位置に合わせてしまいました。投げに来るのはわかっていたのですが…」と唇を噛み締めた。

 鳴り物入りで飛び込んだプロの世界。当然、プレッシャーはあったという。「日にちがたつにつれて気持ちのモチベーションの波がありました」と振り返った。それでもまだ3勝1敗。「気持ちを切り変えます」と前を見据えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請