“令和の怪物”佐々木を擁する大船渡登場に早朝6時半に100人が列 

大船渡・佐々木朗希
大船渡・佐々木朗希

◆高校野球春季岩手県大会(18日、野田村・ライジング・サン・スタジアム)

 春季岩手県大会が行われる野田村のライジング・サン・スタジアムが18日、早朝から多くのファンでにぎわった。

 MAX163キロの“令和の怪物”佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡が、この日の第1試合、釜石との1回戦に登場。10時の試合開始に6時半に駐車場を開門する予定だったが、高野連関係者は「混雑し始めたので、4時前には開けてました」

 その後、予定を30分繰り上げ6時半にチケットが発売され、順次スタンドへの入場が開始された。6時半の時点で約100人が列をつくったが、大きな混乱はなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請