井上尚弥 ロドリゲスに勝利ならWBA王座も防衛に…18日にWBSS準決勝

計量を終え、インタビューを受ける井上尚弥
計量を終え、インタビューを受ける井上尚弥

◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 WBA王者・井上尚弥―IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

 【グラスゴー(英国)17日=飯塚康博】前日計量が17日、試合会場のSSEハイドロに隣接する施設内で公開で行われ、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=ともに53・4キロで一発パスした。

 今回の一戦は団体王座統一戦ではなく、IBF王座のみがかけられるタイトルマッチに正式に決定した。陣営関係者によると、WBA王座はかけられないが、井上が勝てば、IBF王座の獲得とWBA王座の2度目の防衛も認められることになった。また、ロドリゲスは勝つか引き分けで2度目の防衛、負ければ王座陥落となる。

 井上の所属ジムの大橋秀行会長(54)は「尚弥は腹筋が割れていてすごいボディーに仕上がった。ロドリゲスという強敵が尚弥の新しい“引きだし”を出させてくれるかもしれない」と予想した。無敗の王者対決に「ボクシング発祥の英国で、ボクシングのすごさ、素晴らしさを見せてほしい」と期待を膨らませていた。

 WBSS準決勝、井上尚弥VSロドリゲスは19日早朝よりWOWOWで生中継!

 同日午前11時からは、ヘビー級タイトルマッチ・デオンテイ・ワイルダー戦も先行ライブ配信。詳細はこちら

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請