【巨人】炭谷、適時二塁打 5試合ぶりスタメンマスクで「勝つことだけ考えて」強気リード

9回2死二塁、左越えに適時二塁打を放つ炭谷銀仁朗
9回2死二塁、左越えに適時二塁打を放つ炭谷銀仁朗

◆中日1―4巨人(17日・ナゴヤドーム)

 貴重な一撃だった。9回2死二塁。炭谷が、岡田のスライダーを捉えた打球は、前進守備を敷いた左翼手の頭上を大きく越えた。4点目をもたらす適時二塁打。「大きかったですね。自分が助かりましたよ」。リードにも余裕を与える1点の価値は、自分が一番分かっていた。

 5試合ぶりのスタメンマスク。「連敗していたんで、試合前からとにかく勝つことだけ考えて」と6投手を粘り強いリードで支えた。最大の難所は3点リードの6回、ヤングマンが3連続四死球で無死満塁として降板した場面。「最悪、同点まで。追いつかれへんかったらいいわ」と腹を据えた。四球も許されない場面で、高木、アダメスに腕を強く振れと要求。速球でファウルを稼ぎ、変化球を振らせた。犠飛のみの最少失点で切り抜けた扇の要に、原監督も「とても存在感があった」と最敬礼した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請