【浦和】GK西川、湘南・杉岡のゴールは「確実に入っていた」…誤審で証言

前半、杉岡のゴールが認められず、審判に抗議する湘南の選手ら
前半、杉岡のゴールが認められず、審判に抗議する湘南の選手ら
浦和のGK西川
浦和のGK西川

◆明治安田生命J1リーグ第12節 浦和2-3湘南

 湘南は敵地で、浦和に3―2で勝利した。

 0―2の前半31分、MF杉岡大暉(20)のシュートがゴールを割ったが、審判に認められず。明らかな“大誤審”に見舞われたものの、奮起した選手たちが、後半に3点を奪って大逆転した。

 浦和GK西川は試合後、杉岡のゴールを「確実に入っていた」と認めた。得点された直後、「次、切り替えていこう」と味方選手を鼓舞してボールをセンターサークルへ投げたが、プレーは続行され「なぜプレーがスタートされているか理解できず、初めての経験でした」。西川が審判にゴールを伝えれば状況が落ち着くことを相手選手からピッチ上で進言されたが「審判にジャッジは任せてるので、俺は何とも言えないと伝えた」と明かした。

 次戦は21日のACL・北京国安戦。負ければ1次リーグ敗退となる大一番だけに、「全員で同じ方向を向いてやりたい」と前を向いた。

試合詳細
前半、杉岡のゴールが認められず、審判に抗議する湘南の選手ら
浦和のGK西川
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請