錦織、前日1日2試合で手応えも4強逃す

男子シングルス準々決勝で敗れた錦織(ロイター)
男子シングルス準々決勝で敗れた錦織(ロイター)

◆テニス イタリア国際 ▽男子シングルス準々決勝 シュウォーツマン2―0錦織(17日、ローマ)

 錦織は3年ぶりの4強進出とはならなかった。第1セット、いきなり0―5と追い込まれるも、持ち前の粘り強さを発揮し、4ゲーム連続で奪った。だが、第10ゲームは終盤でミスが続き、4―6で落とした。第2セットは立ち上がりから互いにサービスキープが続く。2―3で迎えた第6ゲームにブレイクを許すと、流れが一気に相手へ。その後2ゲーム連続で失った。

 前日は1日2試合、合計3時間超を戦い抜いた。特に2試合目の3回戦は第3セットまでもつれる接戦。「すごく自信になった」と手応えを口にしていたが、8強で姿を消すこととなった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請