豊島新名人「一瞬一瞬を大切に」 佐藤前名人への敬意か、すぐには喜び現さず

感想戦に臨む豊島将之新名人
感想戦に臨む豊島将之新名人

 将棋の第77期名人戦7番勝負第4局が16、17両日に福岡県飯塚市で行われ、先手番の挑戦者・豊島将之二冠(29)が133手で佐藤天彦名人(31)に勝ち、対戦成績4勝0敗で初の名人位を獲得した。令和元年、平成生まれ初の棋士が平成生まれ初の名人に。史上9人目の三冠(名人・王位・棋聖)となった。

 終局後、名人になった思いを問われた豊島は「名人戦は出られるだけでうれしいことだと思っていた。一局一局を丁寧に、一瞬一瞬を大切にしようと思ってやってきて、結果も出せて良かったと思います」と淡々と述べた。目の前にいる佐藤への敬意からか、喜びを現す言葉をすぐには発しなかった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請