勝みなみ、1打差2位発進…同郷・大山さん死去で喪章つけプレー「亜由美ちゃんの分まで精いっぱい生きようと」

帽子に喪章をつけてラウンドする勝みなみ
帽子に喪章をつけてラウンドする勝みなみ

◆女子プロゴルフツアー ほけんの窓口レディース(17日、福岡CC和白C、賞金総額1億2000万円、優勝2160万円、観衆4228)

 勝みなみ(20)=明治安田生命=が6バーディー、1ボギーの67で回り、首位と1打差2位と好スタートを切った。同じ鹿児島市出身のプロゴルファー大山亜由美さんが16日に、がんのため、25歳の若さで亡くなった。喪章をつけてプレーした勝は「亜由美ちゃんの分まで精いっぱい生きよう、と思います」と神妙に話し、ジュニア時代から一緒にゴルフに打ち込んだ大山さんのためにも全力プレーを続けることを誓った。66で回った金沢志奈(23)=レイクウッドコーポレーション=が初の首位発進。

 勝は、大きな悲しみとゴルフができることの感謝を抱え、18ホールを回った。同郷の5年先輩、大山さんの訃報を聞いた時「絶対にウソ、と思った。信じられなかった」。勝が鹿児島市立長田中1年、大山さんが樟南高3年だった11年の県ジュニアで競い合ったことなどが思い起こされた。

 「一番、悔しいのは亜由美ちゃんだと思う。亜由美ちゃんの分まで精いっぱい生きようと思います」

 強い覚悟を持って、プレーに集中した結果、6バーディー、1ボギーで首位と1打差の2位で初日を終えた。「耐えるところを耐え、バーディーを取れるところで取れた。理想的なゴルフができた」と振り返った。

 前週のワールドレディスサロンパスカップは第2日に体調不良のため棄権したが、今週に入り、完全回復。2週前のパナソニックオープンで優勝するなどショット、パットとも好調をキープしている。志半ばで亡くなった大山さんのためにも全力プレーを続ける。(竹内 達朗)

 ◆同期・ささきらが喪章を手作り

 〇…25歳で亡くなった大山さんを追悼し、この日、多くの選手が喪章をつけてプレーした。大山さんとともに15年にプロテストに合格した、ささきしょうこ(22)=日本触媒=らが親族の了承を得た上で喪章を手作り。「喪章がどこに売っているのか知らなくて、同期と100円ショップで黒いリボンを買って、100個くらい作りました。すてきなお姉さんでした」と静かに話し、故人をしのんだ。

ゴルフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請