【楽天】美馬が7回に痛恨の満塁弾を浴びて6失点KO 2連敗で今季ワーストタイの借金1に

ベンチで渋い表情の平石洋介監督(カメラ・越川 亘)
ベンチで渋い表情の平石洋介監督(カメラ・越川 亘)

 ◆ロッテ6―1楽天(17日・ZOZOマリン)

 楽天は、先発・美馬学投手(32)が0―2の7回2死満塁で鈴木に痛恨のグランドスラムを浴び、6失点でKO。打線もロッテの先発・二木に7回まで4安打無得点に封じられ、8回に2番手・西野からウィーラーが中前適時打を放ち、2試合連続完封負けを免れるのがやっと。2連敗で今季ワーストタイの借金1となった。

 平石監督は「あそこは1点勝負。1点も満塁ホームランも変わらないところだったけど、2ボールになって苦し紛れに真っすぐ系でいくしかなかった。2死までいったのにもったいない」と、2死無走者からの4失点を悔やんだ。

 二木には角度のある直球にフォーク、スライダーを低めを集められ、4回1死まで無安打。なかなか攻略の糸口をつかめなかった。指揮官は試合前、「真っすぐとフォークの軌道が見分けづらい。判断しづらい分、どうしても真っすぐへの反応が遅れてしまうところがあるので、割り切って仕留めにいく勇気が大事」と話していたが、まさに直球とフォークのコンビネーションに手こずった。「フォークがいいのは想定内。序盤は真っすぐが多かったので、そこを仕留めにいけるように、こちらから割り切らせるような言葉をかけてやればよかった」と反省していた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請