【日本ハム】清宮フル出場もシフトの網に無安打「良いところに守られていた」

イースタン・DeNA戦の第1打席で一直に倒れた清宮(横須賀スタジアムで)
イースタン・DeNA戦の第1打席で一直に倒れた清宮(横須賀スタジアムで)

 ◆イースタン・リーグ DeNA―日本ハム(17日・横須賀スタジアム)

 右手有鈎(ゆうこう)骨骨折から1軍昇格を目指す、日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が17日、イースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀スタジアム)に「3番・指名打者」でフル出場。清宮シフトの前に無安打に終わった。

 清宮の前にDeNA守備陣が立ちふさがった。4回1死走者なしの第2打席。先発・飯塚の147キロを投手の足元に鋭くはじき返した。中前へ抜けようかという当たりを、清宮シフトで二塁ベース付近に守備位置を取っていた遊撃・倉本が二遊間で楽々処理。記録上は遊ゴロとなった。「良いところに守られていた」と清宮。一塁ベースを駆け抜け思わず苦笑いを浮かべた。

 清宮シフトを敷かれる中で、初回の第1打席は一塁ライナー。3回の第3打席は144キロの初球をたたくも中飛に終わった。第4打席はフルカウントから四球を選び、3打数無安打1四球。3戦連続安打はならなかったが「結果は出なかったですけど、ファームは内容。この前の試合よりも良かった。良い見え方している」と手ごたえをつかんだ様子だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請