【DeNA】ラミレス監督 1点差勝利に「リリーフが踏ん張った。打順を変えなかった効果出た」

5勝目を挙げた今永昇太(右)を迎えるラミレス監督
5勝目を挙げた今永昇太(右)を迎えるラミレス監督

◆ヤクルト3―4DeNA(17日・神宮)

 DeNAは17日、救援陣が7回途中から無失点リレーし、ヤクルトに1点差で勝利した。

 3回2死二塁から3者連続二塁打で3点を先取。4回ロペスの8号ソロで加点した。

 先発の今永は4回、青木にソロを被弾。7回には失策がからみ2失点。1点差とされなお1死一、三塁で降板したが、パットンがピンチを抑えた。今永はリーグトップタイの5勝目。山崎が5セーブ目を挙げた。

 ラミレス監督は「リリーフがよく踏ん張ってくれた。パットンの投入に全く迷いはなかった。今永は最後は疲れが出たがエースらしい活躍をしてくれている」と投手陣を褒めたたえた。

 また、不振のソトを相性などを考慮し、3番で起用し続け11試合ぶりの打点となる適時二塁打をマークしたことに「打順を変えずに3番で使った効果が出た。あの打点がなければ勝てていなかった」と納得の表情だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請