ボートレース福岡【SGオールスターまであと3日】大山SG初陣DR戦は縁起いい4号艇

女子最多の1万3294票を集めた大山。期待を背負って初めてのSGに挑む
女子最多の1万3294票を集めた大山。期待を背負って初めてのSGに挑む

 女子選手の出場枠はA1級の男女比が反映されており、今年は昨年より1人多い8人が出場する。

 最も注目されるのは、ファン投票4位の大山千広だ。デビュー5年目に入ったばかりで、念願のSG初出場がかなった上、ドリーム戦からの登場になる。昨年は優勝3回、G1ヤングダービー(浜名湖)優出などの活躍で、女子では3人目の最優秀新人に選ばれた。直前の鳴門オールレディースで今年初優勝して好調だ。デビュー初優勝は17年9月、福岡、それも4号艇でのものだった。ドリーム戦は4号艇、期待は高まる。

 大山以外の7人は昨年の第45回(尼崎)に続く出場だ。小野生奈はファン投票6位で大山とともにドリーム戦に出場する。SGのドリーム戦に女子が複数出るのは初めてだ。17年の福岡でのオールスターで、予選で3連勝して初めてSGで準優勝戦に進出した。昨年も予選を突破した。3年連続の準優進出、さらには初の優出を目指す。竹井奈美はデビュー初優勝が福岡(16年6月)で、SG初勝利も17年の福岡オールスターだった。ベテランの日高逸子もいて、地元・福岡支部は女子も層が厚い。

 遠藤エミ(滋賀)は3月のSGクラシック(戸田)で準優に進出した。昨年は不振の時期があったが、今年はSGでの活躍が、また見られそうだ。長嶋万記(静岡)と松本晶恵(群馬)もクラシックに続くSG出場で、長嶋は14年の福岡オールスターでSG初出場、1勝した。昨年のオールスターで松本はSGで初めて予選を突破し、守屋美穂(岡山)はSG初勝利をあげた。

(正永 岳宏)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請