【日本ハム】上沢、昨季球宴舞台で快投だ「期待されているのは去年みたいなパフォーマンス」

羽田空港から熊本に移動する日本ハム・上沢
羽田空港から熊本に移動する日本ハム・上沢

 日本ハムの上沢直之投手(25)が昨季の球宴の地・熊本で本来の姿を取り戻すことを誓った。18日のソフトバンク戦の会場は、昨季のオールスターゲーム第2戦で登板したリブワーク藤崎台球場。初出場した夢の舞台で「投げにくいなとかはない。早くマウンドにアジャストできるように」と今季4勝目を誓った。

 前回登板の10日西武戦(札幌ドーム)では6回1死から中村に満塁弾を浴び、6回5失点で降板。打線の援護でもらった3勝目に満足はできなかった。だが「この前の試合は、打たれてから逆に吹っ切れた感じがあった。(満塁弾の)後の2人の打者の攻め方良かったなって」と前向きに捉える。昨季は自身初の2桁勝利を挙げ、今季は開幕投手。「ふがいない結果が続いているので頑張りたい。期待されているのは去年みたいなパフォーマンスだと思うので」。右腕の復調がチームの浮沈を握る。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請