札幌山の手のケニア人留学生・キンヤンジュイ「高校総体でメダルを目指したい」

練習で軽快な走りを見せるキンヤンジュイ
練習で軽快な走りを見せるキンヤンジュイ

 札幌山の手高の陸上部にこの春、ケニア人留学生パトリック・キンヤンジュイ(1年)が入学。高体連札幌支部予選(厚別)5000メートル(22日予選、23日決勝)で大会デビューする。

 男子長距離界期待の新星だ。3日の札幌記録会(円山)3000メートルで8分16秒01、12日の日体大記録会では5000メートルでも13分59秒83と自己ベストをマーク。「記録はまだまだ伸ばせる。地区大会で勝ち、全道高校大会(6月18日開幕、帯広)も優勝し高校総体でもメダルを目指したい」と早くも全国レベルでの活躍を狙う。

 ケニアでは起伏に富んだコースを毎日20キロ走り込み力をつけた。昨年のケニアU20クロカン大会では、年上選手相手に11位と健闘。その活躍を知った札幌山の手初のケニア人留学生チャールズ・ドゥング(23)=日大=が、高校恩師の梶山一樹監督(48)に情報を提供、留学の橋渡し役を務めた。

 ドゥングは5000メートル13分35秒54の道高校国際記録を持ち、高校総体では3年連続準優勝。キンヤンジュイは「在学中にドゥングさんの記録を破り高校総体優勝、駅伝でも活躍したい。将来は日本の企業に進み、五輪や世界陸上出場を目指したい」。日本の地で更なる飛躍を誓った。(小林 聖孝)

 ◆パトリック・キンヤンジュイ 2003年9月14日、ケニア生まれ。15歳。陸上は13歳から。家族は農業を営む両親と兄、弟、妹。目標選手はケニア人でロンドン五輪1万メートル5位、今年3月の東京マラソン2位のビダン・カロキ(28)=DeNA=。173センチ、58キロ。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請