【オリックス】いてまえ魂復活、近鉄の応援歌が鳴り響く7回に追いつく

7回2死一塁、マレーロが右越え同点2ラン
7回2死一塁、マレーロが右越え同点2ラン

◆オリックス―西武(17日・京セラドーム大阪)

 オリックスは2点を追う7回に同点に追いついた。

 「KANSAI CLASSIC 2019」として1999年の近鉄ユニホームを着用して臨んだ試合。ラッキーセンブンの7回には近鉄時代の応援歌が演奏される中、先頭打者・吉田正が死球で出塁。2死一塁となってマレーロが西武・多和田の144キロの直球をフルスイングした。打球は右翼スタンドへ届く1号2ランとなり、同点に追いついた。開幕から47打席目での一発に「打った瞬間にスタンドまでいってくれると思ったよ」と意地を見せた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請