【巨人】岡本のツキあり打で連敗ストップ…9回は沢村が締め3シーズンぶりセーブ

6回1死満塁、岡本和真が先制2点二塁打。塁上で笑顔を見せた(カメラ・橋口 真)
6回1死満塁、岡本和真が先制2点二塁打。塁上で笑顔を見せた(カメラ・橋口 真)

◆中日1―4巨人(17日・ナゴヤドーム)

 巨人が中日を4―1で下して連敗を4で止めた。6回に岡本の左線2点適時二塁打などで3点を先制。その後は継投で逃げ切った。

 G打線はプロ初先発のドラフト3位ルーキー・勝野の前に5回まで1安打に抑えられた。6回、先頭のヤングマンが右前打で出塁。山本が四球、坂本勇は二直に倒れたが、丸が右前打で1死満塁とした。すると4番・岡本がカウント1―1からの3球目、内角のスライダーを捉えた打球は三塁線へ転がった。三ゴロかと思われた打球は三塁ベースに当たり、大きく跳ね、三塁手の頭上を越えて左翼手の前に弾んだ。打球が転がる間に走者2人が生還して2点を先制した。

 ツキある一打に岡本は苦笑い。岡本は2日の中日戦(東京D)でも東京Dの天井直撃の同点のタイムリー内野安打を放った幸運の持ち主。この日も、“ラッキーボーイ”ぶりを発揮させた。さらに亀井の内野ゴロの間にもう1点を追加した。

 9回には2死二塁で炭谷の左越え適時二塁打でだめ押しの4点目が入った。

 先発のヤングマンは5回0/3を3安打1失点。その後、高木、アダメス、戸根、中川、沢村とつないで連敗を止めた。沢村は3シーズンぶりのセーブがついた。

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請