田村淳「出川の充電」に初参戦!マイペースな行動で出川を翻弄 

電動バイクでふれあい人情旅を繰り広げる田村淳(左)と出川哲朗
電動バイクでふれあい人情旅を繰り広げる田村淳(左)と出川哲朗

 ロンドンブーツ1号2号・田村淳(45)が、18日放送のテレビ東京系「出川哲朗の充電させてもらえませんか?~桜舞う高知!絶景の“四万十”ズズッと140キロ!うなぎにカツオもうま~!ぬぉロンブー淳襲来でミラクル連発ヤバいよSP~」(土曜・後6時30分)に出演。同番組初参戦で出川哲朗(55)と共演することが分かった。

 今回、2人はカツオの町として有名な高知県中土佐町から、四万十川の河口を目指して、充電バイクで旅をする。

 出川は四万十川沿いを走行中、前方を走行中のスイカヘルメットを発見する。合流すべく道の駅に入るよう呼びかけるも、ゲストは無視して行ってしまう。出川が「おい!こっちだよ」と叫ぶと、ようやく停車。ゲストが田村であることが判明する。

 田村は菜の花がキレイなスポットを発見し、写真を撮るため先頭を走る出川を気にせず寄り道。このマイペースな行動に「なんなんだよ、あの男は」と出川は激怒。さらにカメラが自身に1台も付いてこない状況に「なんで淳ばっかり撮ってるんだよ」と怒りをぶつける。

 また「お酒が好きだ」という田村の希望で、有名な地酒の酒造を訪問。そこで「カッパの国王」なる衣装を発見。亡き先代が、近くにある「カッパ館」の館長をやっていた時に着てものだということで、試しに出川が試着。その姿を見た女将は思わず「お父さん…」と、亡き夫を出川に重ね合わせ涙する。

 さらに田村は充電させてもらった家で菜の花の特製パスタを振る舞う。華麗な包丁さばきをみせ、「美味しい、美味しい」と好評を得る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請