【東都大学準硬式野球】東洋大がサヨナラ勝ち

3安打を放った東洋大・伊藤
3安打を放った東洋大・伊藤

◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 東洋大3―2日大(17日・上柚木公園)

 東洋大がサヨナラ勝ちで勝ち点1を挙げた。日大は3回、福村厳輝(2年=磐田南)の適時二塁打で先制すると、東洋大はその裏、1死満塁で井上結太(2年=中央中等教育)の二ゴロが併殺崩れとなって同点に。5回には三塁打の西本陸(3年=岩国)が暴投で生還し勝ち越した。日大は9回、山下陽(4年=日大豊山)の犠飛で追いつくが、その裏、投手の一塁けん制球が悪送球となって三塁走者が生還し、サヨナラ負けを喫した。

 東洋大・伊藤航(3年=成立学園)「大事な場面で打ててよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請