【ヤクルト】12回代打弾の青木「スカパー!サヨナラ賞」初受賞 パはサヨナラ満弾の中田

3、4月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞したヤクルト・青木。右は「スカパー!プロ野球PRアンバサダー」の倉持明日香
3、4月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞したヤクルト・青木。右は「スカパー!プロ野球PRアンバサダー」の倉持明日香

 セ・リーグは17日、3、4月度の「スカパー!サヨナラ賞」にヤクルトの青木宣親外野手(37)を選出したと発表した。同賞は月間を通じて最も劇的なサヨナラ打を表彰するもので、青木は4月6日の中日2回戦(神宮)で、同点の延長12回2死無走者から左翼へ代打サヨナラ本塁打を放った。

 この日、会見に臨んだ青木は「12回だったので最後の最後に決められたのはうれしい。みんなが粘って粘って同点で迎えた打席だったので、何とか決めたいという気持ちでした」と劇弾の場面を振り返りつつ、喜びを口にした。

 また、パ・リーグは、3月29日の開幕戦(対オリックス・札幌D)で、延長10回にサヨナラ満塁本塁打を放った日本ハムの中田翔内野手(30)が初受賞した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請