小倉智昭氏、小4虐待死で母親の初公判に亡くなった女児へ「地獄という言葉を使う。本当に怖かったんだよね」

小倉智昭キャスター
小倉智昭キャスター

 17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で千葉県野田市で、小学4年生の栗原心愛さん(10)が父親の勇一郎被告(41)から虐待され死亡した事件で、傷害ほう助の罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の初公判を報じた。

 母親は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。一方、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決は来月26日に言い渡される。

 初公判では心愛さんの「毎日地獄だった」との言葉が明かされた。小倉智昭キャスターは「小学校3、4年の女の子が毎日地獄だったっていう言葉を使う。本当に怖かったんだよね、多分」と沈痛な表情を浮かべていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請