【オリックス】今季最多の4失策で連勝を逃す、西村監督「使っているのは自分 こっちの責任」

2回1死一、三塁、若月の適時打で生還した小島を迎える西村監督
2回1死一、三塁、若月の適時打で生還した小島を迎える西村監督

◆ロッテ9―2オリックス(16日・ZOZOマリン)

 オリックスは守備陣が今季最多の4失策と乱れ、連勝を逃した。同点の6回に小島、大城、T―岡田の計3失策で4失点。中川も三塁へのインフィールドフライを落球しており、西村監督は「6回が全てです。フライも落として実質4つ。投手の足を引っ張ると気持ちが持たない。使っているのは自分。こっちの責任」と守乱を嘆いた。

 これでリーグワーストの29失策となり、「野手もしっかりしてもらわないと。自分でチャンスをものにしていかないといけないのに、逆になっている」と指揮官。守備陣に足を引っ張られた山本は今季ワーストの6回途中6失点で2敗目を喫した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請