松山千春、元気にツアー公演 心臓発作中でもたばこ「うまかった」

ファンに元気な姿を見せた松山千春
ファンに元気な姿を見せた松山千春

 シンガー・ソングライターの松山千春(63)が16日、都内でコンサートツアー公演を行った。今月8日の北海道・旭川公演では、向かう車内で心臓の発作に見舞われたことを告白したが、この日は「みなさん心配をおかけしました。体調も回復しました」とあいさつ。客席から大きな拍手が起こった。

 発作中のことも回想し「病院に行ったらダメだ。行ったら公演ができなくなる」と運転手に言うなど緊迫の事態だったが「自分で自分を褒めたいのは、その中でたばこを吸ったんだよね。うまかった」と笑い飛ばした。症状は約1時間で治まり、病院には行かなかったという。

 この日は代表曲「恋」など約15曲をパワフルに熱唱。2017年8月に遅延する飛行機内で「大空と大地の中で」を歌ったことも振り返り「機長がさだまさしファンだったらできなかったね」と“舌好調”だった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請