人口4200人の村の球場に“令和の怪物”佐々木朗希フィーバー…厳戒県大会開会式

開会式で入場行進する佐々木(前列右)ら大船渡ナイン(カメラ・山口 泰史)
開会式で入場行進する佐々木(前列右)ら大船渡ナイン(カメラ・山口 泰史)
岩手・野田村の場所とライジング・サン・スタジアム
岩手・野田村の場所とライジング・サン・スタジアム

 高校野球の春季岩手県大会開会式が16日、野田村ライジング・サン・スタジアムで行われ“令和の怪物”佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡も参加した。18日の釜石との1回戦から決勝まで大船渡の試合会場となる野田村では球場周辺に約1000台分の駐車場を用意すると同時に、開門前に敷地内へ入れないように“バリケード”を設置。ブルペンをブルーシートで覆うなど準備が進められている。

 開会式終了後、各校が右翼から球場外へ出る中、大船渡ナインだけは一塁ベンチから球場正面へ抜け、アッという間に横付けされたマイクロバスに乗り込んだ。岩手県高野連の大木秀一事務局長(48)が「危ないので」と説明した厳戒態勢で、混乱を事前に回避した。

 人口約4200人、沿岸北部の野田村がフィーバーの舞台だ。球場の観客席は4098人分。外野芝生席も開放予定で村の人口を超えるファンが押し寄せても対応可能。地区予選では大会役員が到着する前にスタンドに入る観客がいたことから、今回は敷地内への侵入をコーンなどで阻止。混乱のない運営を目指す。

開会式で入場行進する佐々木(前列右)ら大船渡ナイン(カメラ・山口 泰史)
岩手・野田村の場所とライジング・サン・スタジアム
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請