【ヤクルト】青木、1500安打を史上最速で決める!通算100号も王手

青木宣親
青木宣親

 ヤクルト・青木宣親外野手(37)が、早ければ17日からのDeNA3連戦(神宮)中に史上最速で通算1500安打に到達する。過去最速は松井稼頭央の1233試合。国内10年目の青木は出場1151試合で記録まで5本に迫っており、スピード達成を大幅に更新することは確実だ。

 通算打率3割2分9厘で歴代トップを守り続けるヒットマンにまた勲章が加わる。「毎年3割を打ちたいと思ってやっている」とバットを振り続け、すでに17年に日米通算2000安打をクリア。まだまだ通過点とはいえ、カウントダウンは驚異のペースだ。

 体調不良で2試合欠場したが、復帰した14日からの広島戦(マツダ)で貫禄の2戦連続猛打賞。「体は大丈夫」と口にしていた。この日はオフで治療などにあてた。打率はリーグ2位の3割3分8厘まで上昇し、通算100号にも王手。アクシデント続きのチームで心強い存在だ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請