千鳥が「話の引き出し」レギュラー化のキーマンにダイアンを指名

出演者の(左から)井森美幸、麒麟・川島明、千鳥・大悟とノブ、ダイアン・ユースケと津田篤宏
出演者の(左から)井森美幸、麒麟・川島明、千鳥・大悟とノブ、ダイアン・ユースケと津田篤宏

 人気お笑いコンビ・千鳥がMCを務める大阪・カンテレのバラエティー番組「千鳥の『話の引き出し』」が18日午後3時から放送される。

 昨年末に続く特番の第2弾で、知って得して、誰かに話したくなる話を有識者から聞きまくる構成。「最新医学」のテーマでは、リーズナブルにがんのリスクを調べることができる唾液検査に千鳥が挑戦する。メンタリスト・DaiGoはすぐに使える恋愛テクニックを伝授。お笑いコンビ・ダイアンのユースケ(西澤が4月に改名)が井森美幸を相手に実践する。

 2度目の収録を終えたノブは「めちゃくちゃ楽しかった。あっという間でした。やっぱり、話の面白い人、山ほどいますね」と満足げで、レギュラー化の可能性には「ぜひこのメンバーでやれたら!」と手応え十分。

 一方の大悟も「出てるメンバーも好きな人ばっかりで、やっててすごい楽しい」と喜びつつも、ダイアン・津田篤宏をキーマンに挙げ「津田の立ち位置をどうするかですよね。そこだけ、みんなで考えましょう。あとは完璧な布陣」と苦笑いしつつ「ダイアン西澤がユースケになって初めて絡んでる千鳥にも注目してください」と、妙な見どころをアピールした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請