【オリックス】6回に3失策で4失点、先発・山本の足を引っ張る

失策連発で足を引っ張られ、顔をしかめるオリックス・山本(右。左は捕手・若月)
失策連発で足を引っ張られ、顔をしかめるオリックス・山本(右。左は捕手・若月)

◆ロッテ―オリックス(16日・ZOZOマリンスタジアム)

 オリックスの守備陣が乱れた。6回に3失策が絡み4失点。先発・山本の足を引っ張った。

 2―2の6回の先頭打者・鈴木が放った右翼への大きな飛球を右翼手・小島が捕球体勢に入りながら落球。無死三塁となると山本は清田に勝ち越しの中前適時打を浴びた。

 無死一塁で井上は二塁へのゴロに打ち取り、二塁手・福田が二塁へ送球したが、今度は遊撃手・大城が捕球できず。無死一、二塁となってレアードに中前適時打を許した。続く角中は高く上がった三塁への飛球。すると三塁手・中川がこれを落球した。インフィールドフライでアウトにはなったが、これも不安な守備だった。

 さらに2死一、三塁から吉田に中前適時打。2死満塁となって荻野を一塁へのゴロに仕留めた。すると今度は一塁手のT―岡田がトンネル。さらに1点が入り山本は降板となった。

 2回には福田も失策を犯しており、6回まででチーム4失策となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請