大橋未歩アナ、密室内の“隠し撮り”から脱出…恐怖の経験を明かす

大橋未歩アナウンサー
大橋未歩アナウンサー

 フリーの大橋未歩アナウンサー(40)が16日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」に番組アシスタントとして出演。鍼灸(はり・きゅう)院に行ったところ、施術する密室内にカメラが設置されていることに気づき、あわてて逃げ出した経験があることを打ち明けた。

 診療などにまつわるトラブルが話題になったときに語ったもので、大橋アナは院内で鍼(はり)を打ってもらうためベッドで横になり、背中を出したが「(室内に)三脚が置いてあって、カメラがあったんです。もしかしたら治療のビフォーアフター(を撮影する)という大義名分で、肌(上半身)を撮ろうとしたんじゃないか、ということはありました」という。

 「隠し撮り」を疑った大橋アナは「急に友達から電話かかってきた振りをして」部屋から抜け出し「事なきを得た」そうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請