栃ノ心、気迫の寄り切りで5連勝 大関復帰へあと5勝

栃ノ心(手前)は北勝富士を寄り切りで下し5連勝(カメラ・森田 俊弥)
栃ノ心(手前)は北勝富士を寄り切りで下し5連勝(カメラ・森田 俊弥)

◆大相撲夏場所5日目(16日・両国国技館)

 初日から負けなしの西関脇・栃ノ心(31)=春日野=が、東前頭筆頭・北勝富士(26)=八角=と対戦した。

 栃ノ心は立ち合いから鋭く踏み込むと、左の上手を取り、そのまま土俵際へ。粘る北勝富士を寄り切りで下し、初日から5戦5勝とした。

 18年九州場所から3場所連続で敗れている苦手の北勝富士が相手ということで、立ち合い前には両手で顔や太ももを叩き、気迫十分だった栃ノ心。大関復帰ノルマの10勝到達にあと5勝となった。

 栃ノ心「踏み込みがよかった。取った上手が伸びてしまったが、絶対離さないと思った」

5日目の取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請