【ロッテ】井口監督、鳥越ヘッドコーチも支援 5・18楽天戦でピンクリボン活動実施

井口監督はピンクリボンがデザインされたピンクのベースを手にする
井口監督はピンクリボンがデザインされたピンクのベースを手にする

 ロッテは16日、18日の楽天戦(ZOZO)で行う「乳酸菌ショコラSUPER LADIES DAY」にて、乳がんの撲滅、検診の早期受診、乳がん体験者と家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン活動」に沿った取り組みを実施すると発表した。

 活動は次の通り。

 〈1〉井口資仁監督(愛基金代表)、鳥越裕介ヘッドコーチによる愛基金 ピンクリボン啓発募金活動。場所:球場正面特設ブース(柱番号12番付近)、時間午後12時40分~午後1時。

 〈2〉ピンク塁ベースの設置。試合で使用する塁ベース(一塁、二塁、三塁)を啓発活動の一環としてピンク色のデザインへ変更。

 〈3〉啓発ブースの設置。球場外周の球場正面特設ブース(柱番号12番付近)に設置される愛基金ピンクリボン啓発ブースでは女性の方を対象にセルフチェックブースを展開。ブース内にはセルフチェックシートを設け、簡単な乳がんのセルフチェックを行うことができる。

 また、活動の一環としてオリジナルチャリティTシャツの販売も行い、Tシャツの売り上げの一部を「J.POSH」へ寄付致します。実施時間午前10時~午後2時まで。

 井口監督はプロ野球人の社会貢献活動を表彰する報知新聞社制定「ゴールデンスピリット賞」を受賞。アマ時代から社会貢献活動を開始しプロ入り後は自身が代表を務める「愛基金」を通じて野球教室やボランティア、被災地の復興支援に尽力してきた。今回も鳥越ヘッドコーチとともにピンクリボン活動を支援する指揮官は「愛基金ではスポーツを通じて様々な社会貢献活動を行っています。千葉ロッテマリーンズと愛基金は乳がんの正しい知識の普及・検査の受診体験者と家族の支援を推進するピンクリボン活動を応援しています。そして、今年も試合ではピンクリボンがデザインされたベースを使用しますので皆さんお楽しみにしてください」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請